家づくりの流れ

01.工事着手前

工事手順前の状況です。
(敷地を区分けする造成工事は、工事着手前に完了します。)

01.工事着手前

02.地盤改良

全ての物件に対し地盤調査を行い、必要があれば改良工事を行います。
支持地盤が2mより深い場合に用いる工法で、セメント系改良材を練り混ぜて柱状の杭を形成。
20年地盤保証・液状化保証がつきます。

02.地盤改良

03.基礎工事(鉄筋組)

建物基礎の鉄筋組です。
耐震等級3の取得に必要な経13mm、16mmの鉄筋を主に組み立てます。

03.基礎工事(鉄筋組)

04.基礎完成

基礎のコンクリートはベース部分と立ち上がり部分に分けて、コンクリート打ちを行います。
(状況により、一体でコンクリート打つ場合もあります。)

04.基礎完成

05.土木工事(土台)

基礎に通気口を設けず、土台の下に基礎パッキンを敷いています。

05.土木工事(土台)

06.木工事(床下断熱工事)

グラスウールでは湿気などで垂れ下がってしまうので、当社ではポリスチレンフォームを床下断熱に使用しています。

06.木工事(床下断熱工事)

07.木工事(建方)

柱は、通し柱(120mm×120mm)と管柱(105mm×105mm)を使用し、1日で屋根まで組み上げます。
(状況により、建て方作業が1日で完成しない場合もあります。)

07.木工事(建方)08.木工事(建方)

08.木造躯体工事

主要な耐力壁には、耐震等級3の取得に必要な、ダブル筋かいが入ります。
(写真の柱と柱の間にある斜めの部材が筋かいです。)

09.木造躯体工事

09.躯体金物

  • 10.躯体金物

    筋かいプレート・・・
    筋かいと柱を接合する金物です。

  • 10.躯体金物

    小屋ばりと軒桁、はりと柱、軒桁と柱、胴差と通し柱の連結に使用する金物です。

10.構造材(火打材)

床組み面、小屋組み面など隅角部に設けて一体化を図ります。

11.構造材(火打材)

11.防蟻処理作業

赤く色が付いている部分は、防蟻処理材を散布したものです。

12.防蟻処理作業

12.造作工事

  • 13.造作工事

    各種配線、配管工事が完了した後に、内部造作に入ります。

  • 13.造作工事

    写真は、天井地下が組み上がった状態です。(天井の高さは、仕上がりで約2m40mmとなります。)

  • 13.造作工事

    断熱材は、グラスウールを使用します。
    壁   :100mm厚
    天井:100mm厚

  • 13.造作工事

    壁熱材の敷き詰めが完了したら、天井・壁の順番でプラスターボードを貼ります。

  • 13.造作工事

    プラスターボードは釘ではなく、ビスでしっかりと留めています。

13.内装工事(クロス下地)

大工工事完了後、壁紙を貼る前に、段差やビス跡を均す作業をします。

14.内装工事(クロス下地)

14.外部工事

  • 15.外部工事

    外部は防水紙を貼り、防腐処理された胴緑を固定します。
    (胴緑を施工する事で、壁内の通気を確保します。)

  • 15.外部工事

    胴緑の上に外壁材を貼ります。
    (金具止めの引っ掛け方式のため、釘が目立ちません。)

15.防水工事

  • 16.防水工事

    耐火野地板を貼り、バルコニーの下地を造ります。

  • 16.防水工事

    下地の上にFRP加工をします。

16.外部工事(屋根)

雨の進入を防ぐ為の防水シートを貼り、スレート系の屋根材で仕上げていきます。

17.外部工事(屋根)

17.建物完成

  • 18.建物完成

    建材の色は7色、床に色の中から選択することができます。

  • 18.建物完成

    クローゼット
    クローゼットの中には枕棚とハンガーパイプが付きます。

  • 18.建物完成

    玄関収納
    写真のデザインは、目安で52足の収納が可能です。

  • 18.建物完成

    キッチンはLIXIL、パナソニック製からお選び頂けます。
    (標準で食洗機が付いており、家事が楽になります。)

  • 18.建物完成

    洗面化粧台はLIXIL、パナソニック製からお選び頂けます。
    (幅は90mmとなります。)

  • 18.建物完成

    トイレはLIXIL製です。
    (1階はウォシュレット機能付きでオート洗浄になっています。)

  • 18.建物完成

    ユニットバスの広さは1616の1坪タイプとなります。
    浴室暖房乾燥機が付いており、洗濯物も乾きます。

  • 18.建物完成

    工事完了です。
    駐車場はコンクリート打ちとなっており、見切り部に砂利を入れます。

ご相談・お問い合わせ